rabab

ラバブ・ファティマ閣下


バングラデシュ人民共和国大使館
特命全権大使
PROFILE
1989年にバングラデシュ外務省に入省。在ニューヨーク国連政府代表部(第二/第一秘書官)、在インド、コルカタ副高等弁務官事務所(参事官)、在ジュネーブ国連政府代表部(参事官)、在北京バングラデシュ大使館(公使/在外公館副館長)など、同国のさまざまな在外使節を歴任。首都ダッカで外務省の部長(東アジアおよび太平洋地域担当)を務めた後、2016年に駐日バングラデシュ大使に着任。

専門は人権と人道問題。重要な国際人権文書や国際軍縮文書に同国が加盟するプロセスに関わる。国連総会、国連安全保障理事会、人権委員会等さまざまな人権専門組織、国連経済社会理事会、国連難民高等弁務官事務所、国際移住機関、赤十字国際委員会、国際電気通信連合、薬物犯罪事務所、南アジア地域協力連合で同国代表として活動。