円卓会議204働き方改革での新しい人事評価

  • 島田 由香
    島田 由香

    ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長

  • 有沢 正人
    有沢 正人

    カゴメ株式会社 執行役員経営企画本部人事部長

  • 八木 洋介
    八木 洋介

    株式会社people first 代表取締役
    株式会社 ICMG 取締役
    株式会社 IWNC 代表取締役会長
    (前 株式会社LIXILグループ執行役副社長)

  • 佐々木かをり
    佐々木かをり

    株式会社イー・ウーマン代表取締役社長
    株式会社ユニカルインターナショナル 代表取締役社長
    国際女性ビジネス会議実行委員会委員長


Act positiveな人材に私たちがなり、人を育て、評価することが大切

働き方改革での新しい人事評価 写真

日本の人事業界で注目される「トップ3」がスタンバイしているステージを前に、待ちきれないといった空気の会場。佐々木かをりが少し早めの開会を知らせます。

ご自身を「人事界のジョーカー」と紹介し、一気に会場を笑いの渦に巻き込んだ八木洋介さんは昨年まで株式会社LIXILグループ執行役副社長 人事・総務担当。長時間労働で生産性の低い日本のデータを示し、「日本の人事の多くは、ロイヤリティや滅私奉公を測っている。今こそ私たちは、成果をしっかり測るということに対して動かなければいけない」と力説します。

働き方改革での新しい人事評価 写真

カゴメ株式会社 執行役員経営企画本部人事部長の有沢正人さんも「カゴメも来年から、労働生産性で測ります」と同意します。「評価の測り方については、上司の見方をいかに統一するかが重要。あとは目標設定と管理。フィードバックをきちんと行い、上司とワーカーのコミュニケーションをとることに尽きる。それが従業員のマーケッタビリティが上がることにつながります」と語り、具体例を掘り下げていきます。

働き方改革での新しい人事評価 写真

マネージャーの教育の重要性と同時に、別の角度からテーマに切り込んだのは、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長の島田由香さんです。
「生産性という表現自体、大事とわかってはいるけれど、ワクワクしない。じゃあ、どうしたらワクワクするか? 私たちができるインプットとは、ハッピーでいるか、健康かどうかということ。自分らしく、ワクワクしながらする仕事は、絶対に結果が違います」

働き方改革での新しい人事評価 写真

島田さんの言葉を受け、佐々木も「私も自分をハッピーにしておくことが一番生産性が高いといつも伝えています。私が教える時間管理講座も最初の30分はいかに自分を幸せにすることが大切かを教えてるんです」とうなずきます。

さらに「新しい時代に入り、今までの評価システムでは測れなくなって来ている。ダイバーシティな時代の今、どんな評価制度があればいいのでしょう」と、各社の取り組みをさらに詳しく聞いていきます。

働き方改革での新しい人事評価 写真

後半は、会場を交えてのディスカッションです。「自分の会社は仕事が好きな人が多く、マネージャーもたくさん仕事してしまう。マネージャーとプレイヤーの軸の違いは?」「短時間勤務をしている社員に不満を持つフルタイムの社員がいる。評価を受ける社員の公平性をどうするか」「帰宅してもやることがないという人の長時間労働を改善する方策は?」など、参加者のみなさんからリアルなテーマがどんどん提案され、会場は白熱。

「人事は終わりのないテーマ。ダイバーシティに取り組み、知恵を集めることで、会社が、社会が良くなる。そこへ向かうAct positiveな人材に、私たちがなること、そして、そういう人を育てること、評価することが大切」と佐々木が締めくくり、割れんばかりの拍手の中で90分間の議論が終了しました。