円卓会議105声で変わる。ボイスワークショップ

  • 菅家 ゆかり
    菅家 ゆかり

    元日本テレビアナウンサー
    声とことばの磯貝メソッド®正講師


声は人格と同じ。まずはAct Positive、自分の声を認めてあげて

声で変わる。ボイスワークショップ 写真 声で変わる。ボイスワークショップ 写真 声で変わる。ボイスワークショップ 写真

「こんなにたくさん参加してくださって、ありがとうございます!」
ぎっしりと埋め尽くされた会場に、演出家・俳優である丹下一さんのよく通る声が響き渡ります。国際女性ビジネス会議の司会でもある菅家ゆかりさんの「みなさん、こんにちは!」という凛とした声で、大人気の講師2人によるワークショップが始まりました。

「声は、体が楽器となって出てくるもの。ちょっとしたコンディションで変わります。今日はずっと座っているので、まずは体をほぐしていきましょう」と菅家さん。全員が立ち、呼吸を整え、自分の体を確かめるようにじっくりとストレッチしていきます。

みなさんの表情がゆったりとリラックスしてきたところで、丹下さんにバトンタッチ。「歩いてください」という声で、みなさんはちょっと戸惑いながら、会場の中を歩き始めます。
「ストップ! そして二人一組になり、相手に『こんにちは!』と挨拶してください」
突然の指示に、思わず笑いだすみなさん。その後、次々と「隣の人と握手をしてください」「イタリア人になります!」と丹下さんからミッションが繰り出され、予想もつかない展開に、何度も笑い声が起こります。

いつの間にか声が大きくなり、表情がすっかり明るくなったみなさん。そこで菅家さんが「みなさん、自分の声を聞いていますか?」と呼びかけます。
「声は人格と同じです。まずはAct Positive、自分の声を認めてあげましょう」
そして、相手をターゲットとして定めて「伝わる声」を出すことのポイントを学びます。

声で変わる。ボイスワークショップ 写真

クライマックスは、なんと『平家物語』の朗読です。「これは800年前の日本語です。ふだん使っている言葉だと、普通に話すだけで伝わっていると思ってしまうので」と、古典を選んだ理由を述べる丹下さん。「言葉は記号に過ぎない。自分の想いやエネルギーをこめないと、言葉は生き物にならないんです」。そして、全員で「いくさはけふぞかぎり、者ども少しも退く心あるべからず…」と、大きな声で読み上げていきます。

絶妙なタイミングで菅家さんと丹下さんが交代しながら90分のプログラムが進行し、みなさんの声も表情も、さらに生き生きと輝いていきました。

「いろんな言葉を散りばめても、伝わる声になっていないと、せっかくの苦労が価値あるものに評価されません。今日をきっかけとして、自分の声は伝わっているかどうか、ちゃんと自分の声を聞くということを意識してください」と菅家さんが締めくくります。
「みなさん、表情が最初と全然違います。私たちから見えている風景をみなさんに見せてあげたい!」という丹下さんの言葉で大きな笑い声が起こり、多くの人とコミュニケーションを楽しむこの後のパーティへと期待をつないでの終了となりました。

声で変わる。ボイスワークショップ 写真